2018/06/01

書評を書きました:『詩の書評』vol.1


杉中昌樹さん編集・発行のフリーペーパー『詩の書評』vol.1に、書評「杉本真維子詩集『袖口の動物』について」を寄稿しました。
タイトルそのままの内容です。いちばんだいすきで、大切な詩集について書きました。
機会があればごらんください。どうぞよろしくお願いいたします。

 詩の書評のみからなるペーパー「詩の書評」を、新たに作っていきたいと思います。新しい詩集や詩誌のみでなく、過去のものについての書評もオッケー。仲間を誉める書評もオッケー。自分の宣伝の書評もオッケー。なんでもありの、書評ペーパーにしたいと思っております。どのような形になるか、まだ判りませんが、面白いものができればと思っております。
――杉中昌樹「「詩の書評」第一号 後書」より引用


***

詩の書評 vol.1

【目次】
杉本真維子詩集『袖口の動物』について/黒崎立体
小柳玲子さんの/坂多瑩子
たなかあきみつ『アンフォルム群』/加藤思何理
比喩じゃない/川田あひる
微熱/久石ソナ
「詩の書評」第一号 後書/杉中昌樹

発行日:2018年6月1日
発行所:詩の練習
編集発行人:杉中昌樹